FC2ブログ

褒めると失敗し叱ると成功すると思ってしまうワケ

たっきんです。


昨今の褒めるブームですが

それでも、

やっぱり褒めたらうまくいかなくなるし
叱ったほうがそのあとうまくいく。

なんて思う人は多いものです。


褒めると調子にのって
失敗してしまい、

叱ると気が引き締まって
成功する。

叱ることを一番とする人は
そこのポイントを述べるものです。


そして、そう言う人の話を聞くと
実体験にもとづいていて
説得力があるようにも感じます。


でも、気を付けないといけないのは

褒めたあとの失敗。

叱ったあとの成功。


これが、本当に
褒めたこと叱ったことに
関係しているのかということです。


どういうことかというと

褒めたときは
次に失敗する確率が高い時に褒めていて

叱ったときは
次に成功する確率が高い時に叱っている

ということがありえるということです。


試しにあなたが褒められたときのこと。
もしくは、うまくいった時のことを考えてみてください。

そうすると気づくかもしれませんが

上手くいったときは、
あなたの努力や能力はもちろんのこと

それ以外の要素も複雑に絡んで
うまくいっていることが多いと思います。


反対に、うまくいかなかったときは
努力をしても、能力があったとしても
うまくいかないときもあると思います。


つまり、

運や環境の要素も絡んで
90点や100点を取った時に
褒められたとすると

たまたま最高にうまく行った時に
褒められるので

その次に上手くいく可能性が
低い時に褒められているのです。


反対に、叱られるときは

様々な要素が絡んで
上手くいかなかったとき

その時以上に上手くできる可能性は
とっても高い状態で叱られるので

叱られた結果上手くいく
という結果になりやすくなるのです。


と、こんなふうに、
心理とは関係ない
ただの統計的な話で

妙な心理が作られてしまうことがあります。

そして、それを信じてしまって
上手くいかなくなってしまうことも。


みなさんも妙な心理には
お気を付けください。


今日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。

 
関連記事

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する