FC2ブログ

先手を打って伝える

たっきんです。


引っ越したあとの部屋チェックって

念入りにしておかないと
もしものことがあると怖いものです。


何か不便を感じたら、
もしかするとそれは
改善されるかもしれない
不便だったりします。


で、部屋を念入りにチェックしていると


見つけましたよ。


外気を取り込むファンに
フィルターがついていない。


これフィルターが無かったら、
外から小さい虫が入り放題じゃないですか。

今が虫の少ない冬でよかった。


そして、備え付けの電化製品の
説明書がない。

お風呂が沸いた時にお知らせしてくれるんですが

その音量が大きくて・・・

どうにかならないかと
思っていたんです。


で、さっそく連絡したところ。

フィルターは手配してくれるとのこと。


そして、説明書のことを聞いたときに
衝撃の回答が。


「それ、前の人がなくしてしまったんですよね。」


え、ということは、
知ってて伝えなかったのか?


なんか、こういう対応をされると

他にも何かないか
心配になってしまいますね。


こういう悪いことが出てきたときって、
意外とチャンスだったりします。


セールスでも、
素直に製品の悪いところを

相手から指摘される前に
自分から説明すると

公平な意見を言う人という印象を
与えることができて、

そのあとに良いところを説明した時の
説得力が増すということがあります。


また、人と接する時でも、

第一印象を気にしすぎて
良い印書を初めに与えていると

後で悪い面が判明したときに
返って印象が悪くなってしまいます。

事前に、悪いところを伝えていると、
良い面をより評価してもらえたりします。



そんな風に、
悪いことを伝えることって、
重要なことだったりします。


悪いことを伝えることで
結果良いことが起こると思えたら、

正直に人と付き合えるように
なるかもしれませんね。


今日も最後までご覧頂き
ありがとうございました。

 
スポンサーサイト



テーマ : 対人コミュニケーション - ジャンル : ビジネス

昂れば記憶力がよくなる

たっきんです。


年が明けてから、
新しく覚えることが増えて

日々記憶との戦いをしています。


記憶といえば、

上手に記憶するためには、
あるものを利用するといいようです。


そのあるものとは、


『感情』です。


例えば、
昨日の昼ごはん、晩御飯は
なんだったでしょうか?

と言われて

「うーん。。。」

となってしまうことが
ありますよね。


でも、

初恋の人と初めて
出会ったときはいつごろで、
どこだったか?


そういうことは
どんなに昔のことでも
覚えているものです。


それは、感情が動いた出来事だからです。


昨日の御飯は思い出せないのに、
今までで一番美味しい食べ物を
思い出すのは

それが、3年前のことでも
思い出せてしまいます。

それも、感情が動いているからです。



つまり、

何かを上手に記憶したいときには

感情を動かすようにすると
よいのです。


そのためには、
特定の感情をわざと思い起こすような
ことをして記憶するなどあります。


先のことを想像して
感情を高ぶらせたり

楽しい要素を見つけてみたり


そんなふうにすると
上手く記憶していくことができます。


好きこそものの上手なり


とはよく言ったものです。


もしも、上手く記憶できないことがあるときには
楽しむことに注力するのも
いいかもしれませんね。


今日も最後までご覧頂き
ありがとうございました。

 

たった一杯だけなのに

たっきんです。


無事引越しが完了して
新居での初更新です。

新しい部屋で家具の配置を楽しんだり、
お風呂の入り心地を味わったりと

新居ライフを満喫しています。

ただ一つできていないのが

落ち着いて、
一杯のコーヒーを飲むという
習慣にしていること。


習慣にしていることが出来ない
もどかしさはたまらないものがありますね。

なんか、あと一つのところで
落ち着かないこの感じ

早くなんとかしたいところです。


なぜ、一杯のコーヒーという
簡単なことが出来ないのかと言うと

新居にはガスコンロがないのです。

そして、問題は、
コンロ置き場のスペース


確認したときは十分なスペースなので
大丈夫だと思っていたのですが

あと一つ詰めが甘かったです。


お店でガスコンロを見ていて、

『業界最小の横幅』

と書いてあるガスコンロの横幅でも


あと2cmで入らない。。。


新居のガスコンロ置き場は
何を考えて設計したのでしょうか?

もうちょっと
使う場面を考えて欲しい。。。


でも、諦めません。


乗り越えられない試練は
与えられないのです。



と、そんな感じで


習慣にしていることが出来ない。

この苦しさは、
耐え難いものがあります。


そして、そうやってできない状況が続くと
習慣は消えてしまうのでしょう。


何か自分にとって
大切にしているものが
失われようとしているとき

何か心や体がメッセージを
出してくるものです。


そのメッセージに気づいたら、
何か行動し続けることで、

大切なものを守ることができます。


と、一杯のコーヒーですが、
大げさなことを考えてしまいました。


あなたも、メッセージに
耳をすます、目をこらすようにすると、
何か良いことがあるかもしれません。


今日も最後までご覧頂き
ありがとうございました。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記